日本人は勤労を美徳として考えています。
元々働き者であり、気質は真面目です。
また社会的にも集団主義であり勤労の美徳が育まれやすい土壌が存在します。
それは高度経済成長時代の栄光を築き上げる事に貢献したのですが、昨今ではワーカホリックやうつ病など、勤労の美徳が逆効果に作用しています。
特に若年層への影響は軽視出来ません。
彼らが精力の減退や勃起不全、性行為への恐れなどを訴える根底には、過労による疲れや精神的な不安が隠されています。
なかなか満足に休暇が取れず、気力・精力回復の機会が得られないという労働環境もあります。
ただ時代や労働環境を恨んでいても事態は進展してません。
現状を理解し、男性は逞しく強かに現実世界を生きる必要があります。
そして精力回復の手段として、趣味に没頭する解決策があります。
いわゆる土日の期間で完結出来る小さなレジャー、旅行を定期的に行って、ストレス解消を図るという方法が効果的です。
精力の改善は自然に行われる傾向があり、ヒトが意識すると返って逆効果になるケースがあります。
土日の時間を利用してふらりと一人旅に出かけてみのも良いでしょう。
密閉性の高い小型ケースなどを携帯し、そこに精力回復を支援してくれる精力剤やサプリメントを入れて、旅行すれば旅先でグルメや観光を楽しめながら、精力を同時に蓄える事が出来ます。
休日をただ自宅で休む、それもまた良い選択肢ですが逆転の発想で行動し、観光地や旅に出かけてみのも良いでしょう。